yurasalon~バーバラ ゆみこ~

ようこそyurasalonへ

 

誕生日から解き明かすあなたの人生

ようこそ、富山の占い処 yurasalonです。

こちらの占い鑑定では、あなたの誕生日を特別な宝物と捉え、
それをもとにあなたの人生、個性、そして可能性を探求します。
誕生日の数字は、私たちの存在に秘められた謎を解き明かす鍵です。

ようこそ、富山の占い処 yurasalonです。

バーバラの盛運占い

 

誕生日をもとにした算命学と神綾(しんりょう)鑑定術を結びつけ、あなたの魅力、運勢、使命について詳しく知るお手伝いをいたします。

 

誕生日はあなたの魂の設計図です。我々専門家はそれを読み解き、あなたの個性や運命について明らかにします。

神綾(しんりょう)鑑定術は数字の言語で、あなたの生涯に潜むメッセージを伝えます。
鑑定師の私がその言葉を解読し、人生の指針を提供します。

 

仕事運・恋愛運・結婚運・これからのことなどでお悩みの問題に向き合い、どちらを選択すれば良いのかについて、一緒に考えていきます。

 

あなたの誕生日に基づいた占いセッションは、あなたに合ったアドバイスを提供します。

 

占いには、現在膨大な種類の占いがありますが、
どれを選んで良いか、迷ってしますよね。

 

四柱推命、算命学、氣学、タロット、数秘術等、数々あり、
その他タロットや手相などなど、数えきれません。

 

基本的には、命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)にわかれていますが、
他に霊(れい)といったものもあります。

 

「命」は、生年月日を使って占うもので、人々が持つ本質的な性質や、
決められた運命がわかります。

 

「卜」は、道具や儀式的な行為で出た偶然の結果から、意味を見出す占いです。
タロットカードやおみくじなどがあります。

 

「相」も、現時点の状況から未来のことを占う点は「卜」と同じ。
しかし、こちらは手相や家相など表に現れている目に見えるものから占います。

 

 

算命学

とは、古代中国で生まれた、人の与えられた運命を導き出す学問です。
こちらは、生年月日をもとに命式を出していくので、「命」の占術です。

古代中国より発祥した干支暦をもとに、中国の陰陽五行を土台とした運命学で、
理論的占術と陰陽五行の思想が相互に補完して体系化された、
大変複雑で奥深い学問となっています。

 

陰陽五行説の思想に基づいており、生命は宇宙の生み出した自然のサイクルに
組み込まれているという考えのもとに成り立っています。

生年月日から、陰陽五行、十干十二支、また、十干十二支から導き出される
十大主星と十二大従星を使い、その人の運命、与えられた性格を細かく鑑定していく占術です。

 

 

神綾(しんりょう)鑑定術

は、日本で数人しかしている人がいない、特別な占術で、幻の占術とも言われています。

なぜならこれまで口伝でしか教えられていなかったからです。

「かみ」の「あや」の「かんていじゅつ」と書き「しんりょうかんていじゅつ」と読みます。
「綾」というのは、綾織物の縦糸模様と横糸模様が、斜めに交わる様に織り出したサマを言います。
この「綾織」になぞらえて、神綾鑑定術という学問が編出されました。
神綾鑑定術では、この縦糸を「神の教え導き」とし、横糸を人間になぞらえています。
神はこの「教え導き」と言うものを自然界に、そして人間社会の、ありとあらゆるところに形として示し、現しています。

数字が重要な鍵を握っていて、特殊な計算方法で答えを出していきます。

こちらも固定鑑定では、生年月日をもとにしますが、
流動鑑定というものがあって、占う時間が用いられ、そのタイミングで出てくる答えはおのずと違ってきます。
鑑定をする時間が重要であり、日時分秒で判断していきます。
あなたが知りたい時、答えはでます。

この選択は是か非か、イエスかノーか、数字で判断できるので、はっきり答えが欲しい時には、おすすめです。

故に「命」術と「卜」術の両方を占断出来るのが、とても面白いです。

 

 

算命学と神綾(しんりょう)鑑定術を両方使いながら、あなたの質問にお答えしていきます。

時には、タロットも織り交ぜながら、しています♪

盛運占いの特徴

  • 自分が持っている星から見る宿命

    十干十二支から強みの発掘や性格や行動傾向などがわかる

    1
  • 自分が持っている数字

    タイムステージと月日から人生をわたり後押しをする数字がわかる

    2
  • 質問に対しての吉凶がわかる

    今の時間を使って、その問いに対してどのようになるかを数字で解き明かす

    3

秘伝の神綾(しんりょう)鑑定術で問題解決してみませんか?

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP